2012/2/4 蔵王仙人沢アイスガーデン

 昨年末に1年越しの目標であった横尾尾根を成功させ

次なる目標を冬期登攀に定めたchippeとpecoma。

まだ具体的ルートは決まらないけれど

登攀要素が中心となった大きい山行をやりたい!


ということで、今冬の残りはアイスクライミング特訓!


東北は雪が多すぎるせいでアイスクライミングスポットは多くない。
今回は地元のアイスクライマーの方々にお世話になったが、

実は彼らもアイスクライミングやフリー、登山などのために

わざわざ関東甲信越に出向くことが多いそうだ。

蔵王仙人沢はそんな数少ない東北のアイスゲレンデの中でも人気エリアのひとつ。

しかし自分たちだけではアプローチが少々心配だった。

運良く地元クライマーの方を紹介してもらえたのだが、

この日は地元の方々も舌を巻く悪天候!

蔵王ライザワールドスキー場のレストハウスで登山届を提出し、リフトを2つ乗り継ぐ。

リフト券は「1回券」を2枚買えばいい。

1本目のリフトは8時半から動き出した。

2つ目のリフトが動くまで少し時間があったので、監視小屋でストーブにあたりながら待った。

リフト終点からはわかんを履いてアプローチ開始!

刈田岳方面(リフト降りた体の向きのまま)へ少し歩いて樹林が途切れたら左へと書いてあるが、「3本目のポール」のところで左へ入るといいらしい。

ここから真北へ、だだっ広く地形的特徴のない雪原を300mほど進むと、雪原は東西に走る沢地形へ向かって下る尾根状となっている。

この尾根状を下り、右へトラバースしながら谷底へと下り、更に上流へと沢筋をたどるとアイスガーデンにたどり着く。

天気が良ければ雪原からゲレンデがすぐ見渡せるらしいが、この日は視界ゼロ、終始ラッセルで、方向を確認しながら慎重に進んだ。

このコンディションでは、地図とコンパスと赤布があっても自分たちだけでは困難だったのでは・・・と思う。

地元の方々も「こんなに天気が悪いのははじめてだ」と言っておられたが、蔵王は樹氷が出来るほどの過酷な環境。

はじめて行かれる方は注意されたい。


※写真中央は大氷柱(VI程度)

 

inserted by FC2 system